マンネリになったら会わなければい

彼との関係がマンネリになったら・・・。彼としばらく会わないようにします。
別にお互いに嫌いになったわけではないので、会わない時間が長ければ自然に会いたくなります。
そうやって一定の期間を置いてから会えば、とても新鮮な気分になれます。

モテ女だからいつもいつも男性といっしょにいる。それは違います。僕が知っていたモテ女は、彼と会わずにひとりで絵を描く休日をつくっていました。
彼女が会いたいと言えば彼は絶対にイエスと言うのですが、あえて彼とは会わないで自分の時間を楽しむ休日を必要としたのです。
この気持ち、あなたにもわかると思います。いつも男性と会っていると、自分を見失ってしまうからです。
見失うというのは少しオーバーかもしれませんが、自分も彼もお互い相手に依存してしまう。それがふたりにとっては決してプラスにはならない。
そう知っている女性こそモテ女の理想です。

モテるからこその余裕と言いましょうか、そばに男性がいなくても不安にはならない。ひとりでも寂しくない。これこそ、モテ女のかっこよさです。
モテ女とは「男だけ」という女性とは違います。いろんなことに興味があって、趣味の幅も広い。そんな女性こそほんもののモテ女なのです。
マンネリからどうしても出られない場合は・・・新しい出会いを探すのも一つの選択肢です。

□■□■□■□コラム□■□■□■□
「これは、どうも更年期障害と関係あるんやないか、そんな気がしましてねえ……」
私のクリニックを訪れたZ夫人は、そういって美しい眉をひそめた。
生理がなくなり、卵巣機能が衰えると、女性ホルモンは激減する。
しかしこのあとも、もはや妊娠するほどの量は必要ではないが、健康を維持、管理する程度のホルモンは人間にとって欠かせないものだ。
それは、ふつう卵巣に代わって副腎皮質というところから〃助っ人″のようにホルモンが分泌されていくのだが、その切り替えがスムーズにいかないと障害を招くのである。
「ホルモンが健康管理するって、どういうことかしら」Z夫人の表情に不安の影が走った。
女性ホルモンの役割は大きい。なにより、生理が終わったあとも女らしさを失わないための〃特効薬″である。これがなくなれば、老化がすすみ、完全な中性になってしまうだろう。
ほかにも、カルシウムが骨から放出されるのを抑制する能力が衰えて、骨折しやすくなるといった副次的な欠陥が出てくることも多い。

参考: